2014年 サッカーワールドカップのオフィシャルサプライヤーに

イタリア、ブラジル、ロシアのナショナルチームに革新的なジム設備と医療・スポーツコンサルティングサービスを提供しています。

ブラジルにおいても、テクノジムは競技トレーニングのオフィシャルサプライヤーを務めてきました。90年イタリア大会、94年アメリカ大会、98年フランス大会、2002年日韓大会、2006年ドイツ大会、2010年南アフリカ大会と、ナショナルチャンピオンと共に進むテクノジムの冒険は続いています。トップクラスの選手向けに競技トレーニングを最適化するため、フィットネスとリハビリ業界では世界最高峰のマシン、サービス、ソリューションプロバイダとして、専門知識、トレーニングセンター、さらには国際スポーツにおける最高レベルの経験から長きにわたって得た蓄積を選手に提供しています。

テクノジムと国家代表チームの連携は、最先端のマシンを用いた競技トレーニングに対するプロスポーツ界の関心を喚起しています。

テクノジムが提供するのはチームへのテクニカルサポートだけではありません。プロスポーツの世界で得たワールドクラスの経験を活かし、医療、スポーツのコンサルティングサービスも提供しています。当社はオリンピックの直近6大会にわたってオフィシャルサプライヤーを務めたほか、国際ヨットレースのアメリカズカップでアリンギやルナロッサのチームをサポート、その他国内外の名門クラブとも多数提携しています。

イタリア

テクノジムはイタリア代表チームのテクニカルセンター所在地であるコベルチアーノに、ストレングストレーニング、有酸素運動、リハビリテーション用のジムを設置し、ブラジルへ出発するまでの準備期間を支えました。

次にリオデジャネイロ、マンガラチバのポートベロー・サファリリゾート本部内にセンターを設置し、ここで「アズーリ」の愛称を持つ選手たちに有酸素、ストレングス、柔軟性のトレーニングおよびリハビリテーション用の非常に画期的なマシンとソリューションを提供しました。これによりチームは、パフォーマンスレベルを最高に保ち、目前に迫ったワールドカップでの戦いに備えることが可能になりました。

ブラジル

一方ブラジルでは、テレゾポリスのグランジャ・コマリーにある代表チームの本部に、最先端の競技トレーニング用マシンとソリューションを提供するセンターを設置しました。

ロシア

ロシアの代表チームに向けては2つのセンターに機材を提供しています。1カ所目はモスクワのスイスホテルに設置された代表チーム本部、2カ所目はサンパウロのイトゥにあるサン ラファエルカントリーホテルに設置されたブラジル支部で、選手とスタッフを受け入れています。