2000年シドニー五輪から2016年リオ五輪まで

オリンピック大会でのテクノジム 

テクノジムとオリンピックのストーリーは続きます。当社は直近の2016年リオ五輪においても唯一のオフィシャルサプライヤーに選定されました。

当社のオリンピックにおける実績は、2000年シドニー五輪、2004年アテネ五輪、2006年トリノ五輪、2008年北京五輪、2012年ロンドン五輪に続き6度目となります。リオ大会では、テクノジムは競技に参加するすべての選手に必要な、あらゆるマシン、サービス、ソリューションを提供しました。テクノジムはバハダチジュカ(Barra da Tijuca)の選手村にジムを併設した15のトレーニングセンターやエリアを設置しました。うち一つの面積は2000平方メートルを超え、業界最高の画期的なテクノロジーによって機能します。テクノジムはmywellnessデジタルプラットフォームをインストールした合計約1000台のマシンを提供しました。選手は個別に設計されたトレーニングプログラムに、マシンからも私物のスマートフォン端末からも直接アクセスが可能です。また、プロフェッショナルなトレーナー50人からなるチームを派遣して、アスレティックトレーニングセンターの管理、選手のサポート、様々な関連サービス(ジムのレイアウト、設置、テクニカルアシスト等)の提供を行いました。

テクノジムの創業者兼社長のネリオ・アレッサンドリはこう語っています。「オリンピック大会におけるオフィシャルサプライヤーとして6度目の選出を受けたことを誇りに思います。この栄誉はテクノジムを構成する全員に与えられたものであり、当社製品の革新性および品質の高さを保証する強力な裏付けとなるでしょう。」「2016年リオ大会は、ブラジルをはじめ南米全域でウェルネスを推進する、またとない社会的イベントとなりました。エクササイズを日々の習慣にする人々が増えています。」

テクノジムは20年にわたり、社会的な機会としてのウェルネスを育むことに取り組んできました。このことはリオ五輪におけるオフィシャルサプライヤー選出という大きな成果を上げるために、アスリートに対する革新的なテクノロジーの提供を上回る大きな役割を果たしたのです。

運動不足や生活習慣の乱れが主な原因となる心血管疾患が死因の多くを占める社会で、また栄養不足の人の数よりも肥満の人の数が多いこの世界全体において、人々の心が一つになる一大スポーツイベントには、人々、とりわけ若い世代に健康的なスポーツ文化を普及させるという重要なミッションがあるのです。