2016年リオデジャネイロオリンピックでのテクノジム

テクノジムは2016年リオデジャネイロオリンピックのオフィシャル・サプライヤーです

Technogym presence in Rio
テクノジムは2016年リオデジャネイロオリンピック大会のオフィシャル・フィットネス機器サプライヤーに選定され、独占契約を結んでいます。アスレティックトレーニング、リハビリテーション、ウェルネスの分野で世界標準を確立していることが認められ、2000年シドニー大会、2004年アテネ大会、2006年冬季トリノ大会、2008年北京大会、2012年ロンドン大会に続き6回目となる、2016年リオ大会を迎えました。

 

オリンピック選手村

Village map Rio Olympics 2016テクノジムはリオに 15カ所のセンタ ーを設置して、オリンピックの大会前から開催期間中にわたり、選手にトレーニングの場を提供しています。 バハダチジュカ(Barra da Tijuca)地区のオリンピック選手村に設置したメイン・トレーニングセンター(約2000平方メートル)は大会に出場する全選手が利用可能です。あらゆる種目で必要な調整を行うため、幅広い種類のマシンを用意しています。メイン以外の14カ所のトレーニングセンターは各競技会場に設置され、種目毎に異なるニーズに合わせた設計となっています。合計1200台に及ぶマシン を、205の国と地域から、 42種目で競い合う 1万500人の選手. が利用します。さらにテクノジムは、プロのアスレティックトレーナー50人 によるチームを派遣して、選手のサポートをはじめ、あらゆる附帯サービス(ジムのレイアウト、マシンの設定、テクニカルサービス等)を提供しています。

アスリートのためのコンディショニング

2016年リオオリンピックの出場選手は、最良かつ最も革新的な機器を使用して、カーディオ、ストレングス、ファンクショナルの各トレーニングを行うことが可能です。また、使用する全マシンは当社のデジタルプラットフォームである Mywellness cloudで一元管理されており、マシン本体から直接、あるいは個人のモバイル端末から各自のパーソナルトレーニングプログラムにアクセスできるようになっています。テクノジムがリオ大会に提供した最新ソリューションの一つに、電源なしで使える唯一のファンクショナルトレーニング・マシン、SKILLMILLがあります。アスリートのパフォーマンス向上を目的として設計され、1台のマシンでパワー、スピード、スタミナ、アジリティーのトレーニングが可能です。また、世界一豊富なラインナップを誇るカーディオトレーニングマシンである Exciteエキサイト, も用意されています。マシンは最新の「モノのインターネット(IoT)」をベースとする UNITY, インターフェースを搭載し、完全に個別化されたトレーニング体験を実現します。UNITY上に用意された各自のトレーニングプログラムへは、テクノジムのマイウェルネス・クラウドを経由してアクセスします。Kinesis, はテクノジムが特許を取得したテクノロジーを使用し、360°回転する自由な動線でのトレーニングを可能にしています。Kinesisを使用することで、バランスや柔軟性、姿勢の向上を目的としたエクササイズの実施と併せて、各競技独自の動きをシミュレーションすることが可能です。

テクノジム社長であり創業者のネリオ・アレッサンドリ, は「オリンピック大会のオフィシャル・サプライヤーに6度も選ばれたことを大変光栄に思います。この栄誉は当社全チームの勝利を象徴するものであり、製品の絶え間ない革新や品質標準へのこだわりに支えられたものです」と語り、続けてこう述べています。「2016年リオ大会は、ブラジル及び南米全域にウェルネスを普及させ、さらに多くの人々に日常的に体を動かすことに興味を持っていただく、社会的に得難い機会でもあります。」