【2018 FIFAワールドカップ ロシア大会】 Technogymがブラジル代表チームのオフィシャルサプライヤーを務めます。

Technogymは、2018FIFA ワールドカップ ロシア大会で、ブラジル代表チームのオフィシャルサプライヤーを務め最大限のパフォーマンスを発揮できる環境を提供します。そしてTechnogymは、長年の競技スポーツにおいて、高い品質基準、培った専門知識、デジタルソリューション、そして革新的なハイパフォーマシンを提供してきた結果、ブラジル代表チームとのパートナーシップ契約を2022年まで締結致しました。
短期間で身体に高負荷がかかる大会では、充実した環境で最高のコンディションを整える事が必要不可欠です。ブラジル代表選手には、ワールドカップ期間中、リオデジャネイロ(Rio de Janeiro)から北へ約90キロのテレゾポリス(Teresopolis)にあるトレーニング施設、グランジャ・コマリー(Granja Comary)で、心肺機能、筋力、柔軟性、リハビリトレーニングの最先端ソリューションが整備されたトレーニング施設が用意されています。
施設には、パワー、スピード、スタミナ、敏捷性という4つの能力を強化するSKILLATHLETICトレーニングメソッドに基づき、パフォーマンスアスリート向けに開発された「SKILL LINE」が導入されています。新製品の「SKILLRUN」「SKILLBIKE」の他に、「SKILLROW」、「SKILLMILL」も含まれています。また、ベースキャンプには世界一豊富なラインナップを誇るカーディオ系トレーニングマシンである「EXCITEライン」およびストレングスの「SELECTIONライン」も設置されています。
各マシンは、Technogymがフィットネス業界で初めて開発したクラウドコンピューティングプラットフォーム「mywellness cloud」と連動しており、モバイル機器やウェアラブル機器を介して、屋外やトレーニング施設でも、自分のパーソナルトレーニングプログラム接続する事が出来ます。
ブラジルのナショナルチームとのパートナーシップは、世界中の強豪スポーツチームにとって、最も有力なブランドとして、Technogymのポジショニングにおける確固たる地位を確立します。 Technogymは、シドニー2000、アテネ2004、トリノ2006、北京2008、ロンドン2012、リオ2016、平昌2018と7期に渡ってオリンピックの公式サプライヤーを務め、また、国内外の名門サッカークラブ、ユベントス、インテル、ACミラン、チェルシーFC、パリ・サンジェルマン、レアルマドリード等のトレーニング施設にも導入されています。

本サイトは独自のテクニカルクッキー、分析のための匿名のサードパーティクッキー、プロファイリングに使用される可能性のあるサードパーティクッキーを使用しています。お客様がこのバナーを除くサイト内のいずれかのエレメント/エリアにアクセスされることで、クッキーの受信に同意されたものとみなされます。クッキーに関する詳細、またはクッキーの使用に同意されない場合については、ここ をクリックしてください。 OK