テクノジムは「Let’s Move for Rio」キャンペーンで大きな成功を収め、トレーニングマシン600台を寄付

テクノジムは「Let’s Move for Rio」キャンペーンで大きな成功を収め、トレーニングマシン600台を寄付

フィットネス&ウェルネス業界のグローバルリーディングカンパニーであり、2016年リオデジャネイロ五輪の公式フィットネス機器サプライヤーに選出されたテクノジムは、大会参加選手やスポーツ愛好家に自らの運動量を寄付に換えることを呼びかけ、同社が大会後にリオデジャネイロの最貧困地域にある公共ジム22箇所にトレーニングマシンを寄付すると約束しました。

テクノジムは目標を達成しました。2016年リオデジャネイロオリンピックの公式フィットネス機器サプライヤーである同社は、「Let’s Move for Rio」ソーシャル・キャンペーンで大成功を収め、リオデジャネイロ地区の最貧困地域にある公共スポーツセンターにトレーニングマシン600台を寄付します。

アスリートのトレーニング、リハビリテーション、ウェルネスのスタンダードとして世界的な認識を得ているテクノジムは、2000年シドニー大会以降、2004年アテネ、2006年トリノ(冬季)、2008年北京、2012年ロンドンに続いて、2016年のリオデジャネイロ五輪に於いても公式フィットネス機器サプライヤーに6度目の選出をされています。

テクノジムは2016年リオデジャネイロ五輪において、トレーニングセンターの公式フィットネス機器サプライヤーという役割をはるかに超えて、オリンピック・レガシーに具体的に貢献することを目指してきました。同社は、提供したトレーニングマシンの一部をリオデジャネイロの最貧困地域に寄付することを目標に掲げ、Let’s Move for Rioソーシャル・キャンペーンを立ち上げました。テクノジムのデジタルプラットフォーム「Mywellness cloudにより、大会参加選手とスポーツ愛好家は大会期間を通じて、トレーニングマシンや同社の無料モバイル・アプリ上で自らの運動量を測定し、同社がリオデジャネイロ最貧困地域にある22の公共ジムに寄付する予定のトレーニングマシンに換えることができます。大会参加選手は、選手村でテクノジムのプラットフォームに接続されたマシンを用いてトレーニングを行うことにより、また、その他の人々は同社のアプリをダウンロードすることにより、「MOVE」(テクノジムが定義する運動測定単位)を収集します。全世界で収集された75,000MOVE毎にマシン1台を、リオ市オリンピック公社と共同で選定した公共ジムに寄付します。このキャンペーンは本日、600台のトレーニングマシンを寄付するという最終目標を達成しました。

「Let’s Move for Rio」キャンペーンを推進してくれたテクノジムアンバサダーには、スペインの男子テニス選手で、世界的スタープレイヤーであるラファエル・ナダル(Rafael Nadal、ジャマイカ出身の米国女子陸上選手で、2012年ロンドン五輪の陸上400メートル金メダリストであるサーニャ・リチャーズ=ロス(Sanya Richard-Ross、英国の女子陸上競技選手で、女子7種競技のオリンピック金メダリスト、世界及びヨーロッパ選手権チャンピオン、さらに室内5種競技の世界選手権チャンピオンでもあるディナ・アッシャー=スミス(、ブラジルの双子姉妹で、シンクロナイズドスイミング選手であるベアトリス&ブラン

カ・フェレス(Beatrice and Branca Feres、ブラジルの男子体操選手で、2012年ロンドン五輪のつり輪金メダリストであるアルトゥール・ザネッティ(Arthur Zanetti、イタリアの若い女子体操選手で、2012年ロンドン五輪で銀メダル1つ、銅メダル2つを獲得しているカルロッタ・フェリート(Carlotta Ferlito、イタリアの有名な女子フェンシング・チャンピオンで、ロンドン五輪金メダリストであるエリーザ・ディフランチェスカ(Elisa Di Francisca、イタリアの男子競泳選手で、1,500m自由形の世界記録保持者であるグレゴリオ・パルトリニエリ(Gregorio Paltrinieri、イタリアの男子ボクシング選手で、北京、ロンドン五輪の銀メダリストであるクレメンテ・ルッソ(Clemente Russo、セルビアの女子走り幅跳び、女子5種競技選手であるイバナ・スパノビッチIvana Španović、スペインの女子障害競走選手であるディアナ・マルティン・ヒメネス(Diana Martin Gimenezが名を連ねています。

 

 

テクノジムについて