Watertown Regional Medical Center

Watertown, Wisconsin

ウィスコンシン州の医療フィットネス施設、ウォータータウン地域医療センターは主に医師からの委託機関として利用されています。予防医療に注力しており、18歳から90歳までのクライアントを対象に1年単位の「ワン・ウェルネス」プログラムを実施しています。

Excite+、Element、Kinesis(R) One、グループサイクルの導入

同センターはExcite+、Element、Kinesis(R) One、グループサイクルのラインを、カーディオ、ストレングス、ファンクショナルのトレーニング機器として導入しました。

さらに、デジタルプラットフォームをテクノジムのmywellnessクラウドに一本化することで、個人がトレーニング履歴を管理できるほか、施設、トレーナー、医師、利用者間の相互交流を促進しています。

「メディカル・フィットネス・メンバーズ」はプログラムの利用を始める際にスマート・キーとともに設定されるもので、スタッフがフィットネスプログラムを案内し、また会員から貴重なフィードバックを受け取る機能があります。また、「ワン・ウェルネス」の会員はmywellnessキーを使用しており、活動量の追跡や、毎日のゴール設定が可能です。

ワンランク上のカスタマー体験

今回新たに行った投資はすべて、ウォータータウン地域医療センターと利用者に利益をもたらしています。

今回導入したツールによって、「ワン・ウェルネス」の会員が他州や外国在住であっても、進捗を追跡することが可能です。CoachやPrescribe等のmywellnessアプリを利用して、スタッフが会員の進捗を追跡し、施設内で近隣に在住の利用者にするのと同じようにエクササイズを指定することが可能です。
会員にはスタッフから、何が効いているか、何がいけないのか、どのようにエクササイズをすればよいか、どのプログラムを最もよく行っているのか等のフィードバックをリアルタイムにもらえるというメリットがあります。

スタッフの声

「テクノジムを使う業務は、常に世界レベルの経験となります。」
「初日からテクノジムのお陰で重要な課題に対するソリューションを得ることができ、施設もプログラムも成功できそうです。」
「ジェイソン・ジョーンズ、ダン・ラフリン、アルマンド・エルナンデスをはじめとする仲間たちのすばらしさについては言葉では言い尽くせません―常に優れた能力を発揮して、競争を勝ち抜くためのマシンやITプラットフォームを提案してくれるのです。」
「テクノジムのチームは当社からのフィードバックを常に真摯に受け止めてくれて、改善意欲が大変旺盛だと思います。私たちの提案を受けて行った更新や変更点は数多くあります。テクノジムを除いては、ここまで対応してくれる会社はないと思います」