Harlow Leisurezone

West Ham, London

Harlow Leisurezone(ハーロー・レジャーゾーン)は最新の設備を備えたジム、プール、スポーツアリーナで構成された施設です。ハーロー・アンド・ディストリクト・スポーツトラストが運営する業界トップのレジャーセンターであり、2012年のロンドンオリンピックまでは、選手のトレーニング施設として使用されていました。

会員の心を掴むクラウドベースのプラットフォームmywellness(R)

施設の訴求力を拡大し、会員に一層魅力的なトレーニング体験を提供することを目的として、Harlow Leisurezoneは2013年6月、ウェルネスシステムの顧客管理プラットフォームの移行を開始しました。新しく採用したのは、クラウドを活用したテクノジム製のフィットネス業界向けオープンプラットフォーム、mywellnessです。

mywellnessの個人アカウントへのアクセスは、テクノジム・キー、QRコード、パスワード入力等、多様なチャネルを使用可能です。トレーニング履歴やお気に入りのコンテンツの閲覧、ジムでのセッションを自動記録、さらにRunkeeperやMapMyFitnessのような外部アプリを用いることで、あらゆる身体運動を記録することもできます。施設は、外にいる会員とも繋がっていられるのです。

活用率は短期間で急上昇し、ログイン数は前年の旧ウェルネスシステムへの数値に対して322%増を記録しました。mywellnessクラウドでワークアウトの履歴管理を行っている会員は旧ウェルネスシステム利用者を14%上回り、2014年6~7月度には、mywellnessアカウントへのアクセス数がウェブサイト経由で4,241件、モバイル経由で3,412件に達しました。

健康・フィットネス部門のキム・カウラは次のように語っています。「旧ウェルネスシステムは堅牢でしたが、時間と共に生じるトレーニングメソッドやニーズの変化に対応できる、より柔軟でアクセスの容易な、直感的に使えるシステムが必要になってきました。新しいモジュラー型のmywellnessプラットフォームはこうした課題すべてに対応するものでした。トレーニングの新しい提供方法は熱狂的に受け入れられ、スタッフも会員も魅了しました。フィードバックを行うのは自然なことになり、当社はこの技術が当館の未来を保証し、将来のトレンドやトレーニングメソッドにも効果的に対応するものだと確信しています。

高度にカスタマイズされたトレーニング体験

mywellnessプラットフォームの優位性を確かなものにしているのは、カスタマイズしたトレーニング体験を提供するためのプロユースのアプリが豊富に揃っていることです。

Profile(プロファイル) – 入会手続きの際、webを通じてアスピレーション・ファインダーというテクノジム独自のシンプルなアンケートに回答してもらうことで、トレーニングのモチベーションが何なのかを把握します。
Prescribe(プレスクライブ) – 1人ひとりのアスピレーション・プロファイルを基に、トレーナーはPrescribeアプリを使ってオンラインでトレーニングプログラムを作成、編集します。会員はmywellnessにログインするとどこからでもアクセスが可能です。
Self(セルフ) – トレーナーなしでのエクササイズを希望する会員はUNITY SELF(ユニティセルフ)を使用し、事前設定されたライブラリから好みのワークアウトプログラムを選択することも可能です。
Challenge(チャレンジ) – このアプリを利用した、全会員を対象とするデジタル・チャレンジを定期的に開催することで、入賞をめざしてトレーニングのモチベーションを高めることができます。

mywellnessのオープンプラットフォーム

クラウドベースのmywellnessテクノロジーは、テクノジム・エコシステムの中核を成すもので、ウェルネス関連施設と会員とを居場所を問わず繋ぐものです。

ウェブとモバイルアプリの双方を利用して施設側と会員が繋がり、トレーニング体験やルーティーン、ウェルネス目標を実現するための有効な時間活用法などを共有することができます。

施設オーナーのメリット:

入会からグループ活動、マーケティングキャンペーンに至る、会員の施設内での行動を1人ひとりに合わせてデザイン
会員の動向、利用履歴、その他の傾向を把握するため、会員データを分析
チャレンジの開催、ジム内外でのコミュニケーションを通じたコミュニティー形成

トレーナーのメリット:

会員の希望や好みを把握し、最高の結果が出せるようプログラムをカスタマイズできます。
包括的な会員データを基にアプローチをカスタマイズすることで、ロイヤルティを強化し、信頼関係を構築します。
複数の接点とコンタクトの理由を確保し、会員と常時繋がることが可能です。

会員のメリット:

自分のプロファイルに合わせた、あらゆるサービス、プログラム、トレーニング案を利用することができます。
トレーニングデータを自動的に記録し、常に最新の進捗状況を把握できます。
チャレンジに参加することで、自分にフィットした双方向のコミュニケーションや活動を通じてトレーニングに対するテンションを維持できます。