心肺呼吸器系疾患

心肺呼吸器系疾患

高血圧、脳卒中、心不全をはじめとする心肺呼吸器系疾患は、心臓の機能に深く関係しています。座り詰めになりがちなライフスタイルがこうした疾患の発生率を上げると言われていますが、適切な指導の下での有酸素運動の実施は、再発防止とリハビリの効果が期待できます。テクノジムでは医療機関向けに様々な機器やソリューションを提供し、患者の健康的なライフスタイルの維持と、心疾患発症後の機能回復を支援しています。

推奨ソリューション

心臓に問題を抱える患者にもっとも相応しいのは、心臓の状態を常に監視する機能を備え、安全にトレーニングができる機器を選ぶことです。

患者の状態をつねに把握、管理

mywellness®キーは、患者が携帯するポータブルデバイスで、使用者の体調を遠隔監視することが可能です。1日分の全運動量を記録することも可能です。

指導の下でのトレーニング

RUN MED(ランメッド)、患者の体調を事前に分析するだけでなく、心電計や呼気解析装置と連携し、トレーニング状況を常時モニターできます。さらに、ECGソフトウェアから直接、走行中にスピードや傾斜の変更を指示することも可能です。

管理を必要としない段階に入ったら

モニタリングが必要ない段階に入った患者は、Synchro MD(シンクロエムディ-)やJog Now MD(ジョグナウエムディ-)など、より多くの筋肉を動員するマシンを使用できるようになります。CPR(Constant Pulse Rate)プログラムとチェストストラップの活用により、たとえば心拍数を一定に保つトレーニングなど、安全な方法を選択できます。

筋力強化

ストレングストレーニングが心肺機能のリハビリテーションにも効果的であることは、科学的に証明されています。Leg Press Inclusive(レッグプレスインクルーシブ)、Chest Press Inclusive(チェストプレスインクルーシブ)を使用したトレーニングは筋力を強化し、心不全を起こした患者が日常生活に復帰するまでの時間を短縮することが可能です。

Prevention and treatment of cardiorespiratory disorders

34

35

詳細情報

カタログをダウンロード