減量のメリット

肥満は糖尿病や心血管系疾患など、時間のかかる、寿命に直結する様々な健康上のリスクを高めます。こうした深刻な病気を回避することが、健康のために減量を行なうひとつの理由となっています。

病気のリスクを減らす

命に関わる重大な病気にかかるリスクが減るのは、健康上大きなメリットです。また、健康状態が向上したり、達成感を感じたりすることで、減量の努力が報われたと感じる人も多いでしょう。以前よりエネルギッシュになり、体力が向上するのを感じることでしょう。

毎日わずか30分

1日当たり30分のエクササイズを、10分ずつ3回、毎日行うだけでも、基礎代謝率(BMR)は十分上昇します。BMRはカロリー消費率、そして体重の維持、増加、減少に大きく影響を与えます。基礎代謝によるカロリー消費は1日あたり消費カロリーの60-75%にも達します。

エクササイズの効果を十分に得るためには、強度と頻度を徐々に上げていく必要があります。減量の際には重要になってきます。エクササイズは毎日、最低でも週5日は行なうと良いでしょう。

肥満度指数(BMI)の重要性

人間の身体は大別すれば体脂肪と筋肉で構成され、身長、体重、胴囲、皮下脂肪の厚さから測定できます。

肥満であるかどうかを測定する方法には、BMI(Body Mass Index: 肥満度指数)計算と腹囲測定の2種類があります。BMIは、身長にもとづいて現在の体重の目安を示します。腹囲は体内の脂肪分布を把握するのに使用されます。

BMIは、あなたが標準体重を少しだけ、あるいは大幅に超過している(肥満)のかを計算するために、最も広く使われる指標です。BMIは、身長と体重の比率から計算されます。数値が30を超えると「肥満」とされ、「肥満気味」よりも、さらに健康上のリスクが高い状態です。BMIが25-30までの人を「肥満気味(肥満1度)」としています。「肥満気味」だけでは健康に影響がない場合もありますが、例えば2型糖尿病等の既往症を持つ場合は注意が必要でしょう。

尚、BMIは計算も簡単で有益な指標ではありますが、体型や筋肉量の影響は無視されます。

肥満リスクを予測する

将来的な肥満リスクをより正確に予測するには、身体の各部位の周囲を測定します。体内の脂肪の分布は肥満リスクを予測する上で重要です。上腕部、ウエスト、腰周り、太腿部の周囲を測定し、そこから体内の構成を推測します。

体脂肪の分布を把握するには、ウエストと腰周りの周囲を比較するのが便利です。腹部の脂肪の比率が高いと疾病のリスクが高まります。ウエスト/腰周り、ウエスト/大腿の比率、ウエスト周りや首周りの測定結果から、高血圧やメタボリック・シンドローム、2型糖尿病、高脂血症、冠動脈疾患、若年死等のリスクを判断します。

減量のメリット

  • 引き締まった身体作りと、体脂肪の減少
  • 食事から摂取する脂肪や炭水化物の消費効率が向上
  • 代謝向上と、無活動中のエネルギー消費の増加
  • 心臓血管系の機能向上
  • 血圧抑制効果
  • 心臓血管系や代謝性疾患の発症リスクを低減
  • 内臓部分に蓄積されたLDLコレステロール(悪玉コレステロール)、トリグリセリド、体脂肪の削減

定期的に身体を動かしていれば、日頃運動しない人よりも簡単に体重を落とすことが可能です。減量の効果を最大限発揮するには、ストレングストレーニングと有酸素系エクササイズの両面から筋量を増やしつつ、身体を引き締めるのが効果的です。筋肉はカロリー燃焼に大きな役割を果たし、減量に貢献するものだからです。

 

関連情報

減量のすすめ
減量を成功させるために
Q&A