筋力をつけることのメリット

ストレングストレーニングには、様々なメリットがあります。身体の不調や病気の予防、姿勢や身体バランスの改善、睡眠の改善、ストレスや不安の軽減等が挙げられます。

筋骨格系統の改善

ストレングストレーニングが筋骨格系に与える効果は絶大です。日常生活に必要な機能を維持するだけでなく、骨粗しょう症、サルコペニア、腰痛など様々な疾病の予防にも効果を発揮します。

健康上のリスク要因を軽減

ここで取り上げるストレングストレーニングは、主要な筋肉群を正しい形で動作させるものであり、強い負荷は必要ありません。ストレングストレーニングが健康上の様々なリスク要因に対して有効であることは、多くの研究で実証されています。例えば、糖尿病、心臓疾患、癌の原因となる、インスリン耐性、安静代謝率、グルコース代謝、血圧、体脂肪率、消化管通過時間などの数値が改善します。こうした目的でのトレーニングは、週に2度、15分から20分程度行えば十分な効果が得られるとされています。

ストレングストレーニングによるその他のメリット

  • • ものを持ち上げる、運ぶ、階段を昇る等、日常生活で行う動作が改善し、楽に行なえるようになります。
  • 全身の柔軟性が向上し、肉離れや腰痛のリスクを低減します。
  • 代謝が活発化するため、運動していない時間も脂肪の燃焼が続きます。
  • 筋肉や腱、靱帯が強化され、負荷がかかっても損傷しにくくなり、ケガをしにくい体になります。
  • 筋力がつくことで、立ったり座ったりする動作を姿勢よく、かつ快適に行なえるようになり、バランスや安定性の向上を実感できます。
  • HDL(High Density Lipoprotein:善玉コレステロール)を増加させ、(LDL - Low Density Lipoprotein:悪玉コレステロール)を減少させます。
  • 糖尿病のリスクを減らし、インスリンの不足を解消します。
  • 心血管系の疾病リスクを低減します。
  • 高血圧の場合、血圧を低下させます。
  • 乳がんと関連があるとされる高エストロゲン状態を解消し、発がんリスクを低減します。
  • 骨量が増えるため、骨粗しょう症のリスクが下がります。
  • PMS(月経前症候群)の症状を改善します。
  • ストレスや不安を軽減します。
  • 入眠障害を防いで熟睡を促し、睡眠の質が改善します。複数の臨床実験からも、定期的なエクササ
  • イズはストレス対策に有効な三つの方法のうちの一つであるという結果が出ています。
  • 風邪、インフルエンザ、その他の症状が悪化するのを抑えます。

関連情報:

ストレングストレーニングのすすめ
効果的なストレングストレーニングのために
Q & A