ストレスから自由になるには

「ストレスを感じる」ことは、現代社会においてごく普通の状態です。しかしストレスを乗り越え、リラックスした状態を作る方法は多数あります。最も効果があがる方法のひとつが、日常的な運動だといえます。

ストレスを感じていますか

「ストレスを感じている」という言葉はもはやありふれたものですが、その背後にはもう少し重大な問題があります。人間が絶えず身の危険を感じる状況に置かれているなら、気の休まるときはなくなり、長い目で見れば身体にも不調が出ます。こうした状況下では、回復を図るだけでなく、強靱で抵抗力のある身体造りを考える必要があります。

ストレスがなぜ身体に良くないか

ストレスは、心身の均衡を乱す状況であれば、どこからでも生じます。人間の身体は、渋滞やショッピングセンターの雑踏、忙しない職場など、ストレスのもとになる外界からの刺激に対し、心拍数や注意力を引き上げるなど、無意識レベルで自衛措置を講じます。こうした刺激が繰り返されると、それに対処するため、血液中にコルチゾールが分泌されます。コルチゾールは、ストレスに反応して分泌される化学伝達物質のひとつで、代謝機能にも影響を与える様々な興奮を引き起こすことから、別名「ストレスホルモン」とも呼ばれています。ストレスの多い状況を解消したり、回避したりすることができない場合、興奮状態から疲弊の段階に移り、体細胞レベル、或いは精神的なレベルで身体に影響を与えることもあります。

エクササイズでストレスを軽減

ストレスへの対処は極めて重要な課題であり、その方法のうち、誰もが考えつく経済的なものがエクササイズです。身体を動かす量が増えると、脳で生成されるエンドルフィン類の量が増えます。これは脳の特定の領野に作用する神経伝達物質で、快感や安心感を与えます。エクササイズは、ある種の麻薬に近い作用を引き起こすのです。なお、チョコレートにもエンドルフィンの生成を促す作用があります。

エクササイズと鬱

エクササイズは鬱病の特効薬(Saeed, 2010年)であり、鬱病をはじめとする様々な精神的不調は多忙を極める現代人の間で増加の一途をたどっています。公園でのランニング、丘陵地帯のサイクリング、ジムでのワークアウト等は、ストレスや鬱に負けないために、とても有効です。日常生活とは違う時間を持つことで、生活全体の質が向上します。

関連情報

ストレスから自由になる方法
ストレスから自由になるメリット
Q&A