Article

  • 夏にむけて、ご自宅でウエルネスしませんか!

    寒い季節は、ついつい家に籠りがちで、怠け癖と仲良くなってしまいます。暖かい服にくるまれていると安心しますよね。そうしている間は、オーバーウエイトも隠すことができますしね。。。

    でも、軽やかで薄い洋服がクローゼットにあふれ、ボディスタイルが気になる季節、夏はもうそこまで来ていますよ。でも、そんなに心配しないでください。まだ間に合います!ご自宅でのトレーニングで、素敵な季節をウエルネスに迎えましょう。

     

    長時間のトレーニングやダイエット作戦もウエルネスな生活というベースがなければ効果がありません。

    ウエルネスなライフスタイルを実践するために注意する点は2つだけ:

    • バランスの良い食事
    • 効果的で規則だたしいトレーニング

    言い訳は横において、自転車やトレッドミル、クロストレーナーなどツールを出してください。さあ体を動かしましょう!

    簡単な事から始めましょう

    あふれるような食事やジャンクフードにテーブルを占領されていませんでしたか?フルーツや野菜を食べることを忘れていませんか?お酒を飲み過ぎませんでしたか?こういった生活習慣で私たちの体は少し疲れているかもしれません。

    正しい食生活はウエルネスを促進してくれます。

    • 水分の補給

    アルコールを避け、できるだけミネラルウオーターやフレッシュなフルーツジュースを飲みまを飲みましょう。炭酸なしがベターです。日々2リットルの水を飲み、トレーニング中に失われた水分を補給してください。脱水症状は健康の敵です。

    • 健康的な食事

    フルーツや野菜を摂取することの大切さを忘れないでください。バランスのよい食事を毎回心がけることも大切です。食事を抜くことはウエルネスなボディ作りには適していません。バランスの良い食事こそが、目標達成の基本ですし、トレーニングに励むモチベーションにもなります。

     

    「なりたい自分」を達成するために何をすべきか?

    どんなタイプのトレーニングでも、ソファに横になっているよりはマシです。

    努力の結果を可視化し「なりたい自分」をスピーディーに達成するコツは、有酸素運動と無酸素運動をコンビネーションすることです。

    ウエルネス・サイクル

    無酸素運動は短時間の間に集中的に体を動すことです。それを酸素を使わずにおこなう。例えば、筋トレ―二ングのようなものです。

    有酸素運動は、その反対で、酸素を使いながら体を動かかします。   筋肉にいかに多くの酸素を補給することができるかが結果につながります。酸素は、長時間にわたる中弱程度の運動のエネルギーとなります。

     

    それでは、どんなタイプの有酸素運動から開始しましょうか?

    • 競歩
    • ジョギング
    • 水泳
    • サイクリング

    有酸素運動は脂肪を燃焼し、減量を促進するための確実な方法です。

    ただし、連続的かつ定期的に実践しなければなりませんよ!

    比較的長時間実践した場合、良い結果を得ることができます。特に:

    • 中レベルの有酸素運動は、心臓や肺の効率を改善します
    • 低レベルの有酸素運動は、酸素を利用して脂肪を酸化させる能力を向上させます

    さあやる気が出てきたところで実践に移りましょう!言い訳を捨てて、私たちに最も適したトレーニングソリューションを見つけましょう。

    天気がはっきりしない?仕事で遅くなる?スモッグや渋滞でいっぱい?

    そんな時は自宅でトレーニングするのが一番です。

    気持ちのいい季節が到来しても、ビジネスタイムは変わりませんし、残業だってあります。公園や緑にあふれた場所が遠いかもしれません。いったん家に入ると、トレーニングのために再び外出するのは何かと厄介ですし。

    でもインドアでのトレーニング・ソルーションもたくさんあります。どんどん進化を続けるツールを使えば、どんなトレーニングだって可能になります。

    自宅でのトレーニングは楽ですよね。制約がなく、自由で、誰にも頼らずに自分だけでできる。自宅トレーニングはスマートなんです。

     

    でも、自宅での有酸素運動をするためにはツールが必要になります。ユニークで楽しいトレーニングように設計されたものならさらによいでしょう。

    では、トレッドミル、サイクリングマシーン、クロストレーナーへのドアを開きましょう!

    自宅トレーニングではどんなマシーンが必要ですか?

    自宅での有酸素トレーニングの花形はなんといってもトレッドミルでしょう。ジョギングは「なりたい自分」になるための基本的な方法です。

    ジョギングは自然な動きであり、誰でもできる運動です。でも速度のレベルには各自違いがあります。

    軽いリズムから始まり集中的なトレーニングまで各々でセレクトできるだけでなく、歩幅や速度、スイングなど自分のペースを決めながら走るることができますので、このようなパラメータをコントロールする必要があります。それを助けてくれるのが

    TECHNOGYMです。この機能はトレッドミル用の新しいコンセプトに基づ生きMYRUN社が開発しました。

    プロのランナーように設計されたこのトレッドミルは、走ることを愛する方のための器機です。
    続きを読む

  • Women embrace wellness by taking quality time out for themselves

    In this article we will talk about how women can tone their bodies with three simple tips, and how in two steps they can start exercising again.

    Mothers are women who dedicate themselves to their children without asking for anything in return. Mothers are women like all other women: they want to feel beautiful, fit and active. Women dream of having a young, toned body. Their bodies and strength are needed to sustain the pace that life imposes on them. For this reason it is important that women are able to embrace a healthy lifestyle, through wellness.
    Women want to relieve every day stress, to feel good and to make those around them happy.

    Women’s arms are strong. Cradling, rocking, pushing. They are resistant and never tire.

    Women are active, busy and beautiful. They are women and mothers, partners, wives and friends.

    They are women who for a particular period of their lives have less time to devote to themselves. They are concentrated on dedicating all their love and energy to someone else. We are all that someone else.

    If the mother is happy the child will be too.

    Therefore, a mother should never forget that she is also a woman; a relaxed, happy woman, even with her body.

    Sometimes women find themselves spending long periods of time at home. A sedentary lifestyle is not ideal for your health, especially if associated with an unhealthy way of eating.

    Lack of physical activity can mean:

    • Loss of muscle tone
    • Stress
    • Weight gain

    So the solution is to dedicate a few minutes to yourself. You can stay fit without necessarily leaving the house. A few minutes of physical exercise is enough. Toning up, relieving stress and staying fit is easier than you think.

    Donne_Wellness

    Three tips to tone your body and achieve Wellness

    Sedentary women lose overall muscle tone and accumulate fat. This happens mainly in the lower parts of the body such as the legs, buttocks and hips.

    So here are five tips to stay focused on your ultimate goal. Make sure that you follow the advice.

    1. Take one step at a time

    To improve our physical appearance we need to do two things:

    • eat well
    • physical activity

    Exercise will burn fat and tone and strengthen muscles.

    How?

    You have to work on your muscles. Increase the weights progressively. Always exercise with the same weights. This allows the body to get used to the exercise.

    Whereas gradually increasing the weights allows us to:

    • concentrate more on the exercise
    • be more motivated to do it

    Don’t boast about improvements. Take notes. Write down daily progress, go back and read your notes when you are having difficulties.

    Working out at home is a great way to start toning up.

    Practice by simply using the natural weight of your body or by using specific equipment for training at home. In addition to helping to tone the whole body, working out at home will increase self-esteem. Self-esteem for women means being more physically and socially confident.

    1. Choose a suitable activity that you really like

    Consistency is the key that will allow you to obtain the desired results in the long term.

    Choosing a fun workout helps motivation. Do it with pleasure and enthusiasm.

    A well-toned body should be a priority. Women’s bodies require a regular training routine. It’s the only way to achieve and maintain lasting results.

    1. Train consciously

    Women should know about the advantages to be derived from good, regular workouts to ensure the correct carrying out of both the exercises and the programmes, and in order to be aware of the effects of a workout on the body.

    WELLNESS WALL

    Improvements derived from regular exercise.

    Cardiovascular system: regular workouts improve the resistance and efficiency of the heart. This will allow you to exercise more for longer periods and burn more calories.

    Muscles and the skeletal system: developing muscle mass increases our basic metabolic rate. Muscles are more active metabolically than fat. Well-developed muscles burn more calories even when at rest. This ensures better muscle tone and improved posture.
    Increasing lean body mass and bone density means that muscles and bones get stronger. Flexibility and resistance are also improved. This reduces the risk of osteoporosis and loss of muscle tissue with ageing.

    Metabolic system and muscle mass: physical exercise helps burn fat and increases muscle mass. When muscles are metabolically active more calories are burnt. You will also lose body fat gradually and the body will become more toned and lean.

     

    Is there an ideal exercise programme for a toned body?

    The best workout is composed of:

    • Cardio: aerobic exercise is the key to being fit. Tone the whole body while having fun. Running, walking and swimming stimulate large muscle groups in a rhythmic manner. Exercising moderately allows you to train for long periods of time;
    • Strength: muscle tone can be achieved by using different types of equipment. The exercises should focus on the main muscle groups (chest, back and legs). Free weights are very useful for reinforcing and strengthening arm and back muscles;
    • Flexibility: stretching after the workout prevents pain and tight muscles. It is important to stretch all the muscles that are used in the exercises well. Doing targeted stretching exercises provides numerous benefits: more mobile joints, lengthened muscles, reduction in the risk of injury and improvement of posture.

    Carried out in this order the exercises ensure the best possible training programme. In fact, a cardio workout gently activates all our muscles. Strengthening exercises tone and stretching lengthens.

    Alternating aerobic exercises with strength training means optimizing both the time and the results of each workout:

    • 5/10 minutes walking or running with MYRUN
    • 1 or 2 sets of exercises using the Wellness Bag elastic bands or handles

    Getting back to being active gradually will bring a series of aesthetic benefits. It will also improve your health and mood. Daily tasks will be easier to do.
    続きを読む

  • 有酸素運動と無酸素運動の違い

    有酸素運動と無酸素運動の違い運動は、主に脂肪をエネルギー源として燃焼させる運動を指します。ランニングのほか、水泳、自転車なども含まれます。

    有酸素運動に対し、糖を主なエネルギー源とする運動に「無酸素運動」と呼ばれるものがあります。これは、ダンベルや腹筋運動などに代表される筋力トレーニングのことです。短時間で強い筋力やパワーを発揮させ、引き締まった弾力のあるボディを作る目的に適しています。

    有酸素、無酸素、それぞれに利点があり、組み合わせることで理想的なボディを手に入れることができます。ただし、無酸素運動を毎日行うのはかえって逆効果という説も。筋力トレーニングは筋繊維に大きな負荷がかかるため、毎日行うと傷ついた筋繊維が修復されず、せっかくの筋肉がボロボロになってしまうといわれています。

    ミドル世代になると中性脂肪が蓄積され、いわゆる「中年太り」に悩む方が増えてきます。体脂肪を燃やしてスリムなボディを手に入れるためには、有酸素運動がおすすめです。

    ランニングで全身ダイエット!

    効率よく脂肪を燃やすランニングは、脂肪をつきにくくする効果もあるといわれています。ランニングにはたくさんの酸素を必要とするため、自然と呼吸が大きくなり、心肺機能が鍛えられます。また、全身の筋肉を動かすことで、筋肉量が多い下半身の筋肉を活性化。

    この、心肺機能と全身の筋肉が鍛えられることで、取り込んだ酸素が体内の隅々に行き渡ります。すると、代謝がアップし、食べても太りにくくなるというわけです。脂肪になる前に食べ物を消費されるとなれば、無理な食事制限をせずとも健康的なサイズダウンが可能になりますね。

    脳を活性化させる効果も

    効率よく脂肪を燃やすランニングは、ダイエットだけでなく、メンタル面にもうれしい効果をもたらすといわれています。走ることで無意識に精神が集中すると、ヨガでおなじみの「瞑想」の状態に近づくと考えられています。心が穏やかになると精神の安定やストレス解消につながります。

    また、ランニングは脳にもうれしい働きをもたらします。走ることで脳内伝達物質のひとつ「ドーパミン」が分泌され、脳が活性化。思考力や、発想力、記憶力アップが期待でき、仕事の効率化の実現やアイデアが生まれることでしょう。

    長く効率よくランニングを楽しむために

    ダイエット、ストレス解消、脳の活性化をひとつの運動で可能にするランニング。十分な効果を得るためにはスピードにはあまりこだわらない「スロージョギング」を心がけましょう。

    運動量としては1週間の量を50km以下に抑え、3日に1日は休養日をとるようにしましょう。また、ランニングの前後はウォームアップのストレッチを行うことでケガの予防にもつながります。

    走るという動作は、単純であるがゆえに長く続けていると飽きてしまうことも。そんなときはペースや距離はそのままに、道順を変えたり、空気の良い環境まで遠出をしたりなど、自分なりの工夫を楽しんでみましょう。

    1週間に2時間、ランニング時間をキープ

     

    忙しいことを理由に運動をさぼっていては、残念な体型のまま年齢を重ねることになりかねません。まずは1週間に2時間、決まった日時にランニングを続けられる計画を立てましょう。忙しいビジネスマンでも、これなら続けられそうですね。

    ダイエットや健康増進のほか、心や脳にもうれしい効果をもたらすランニング。デキる男の常識にもなりつつある運動を暮らしのルーチンに取り入れ、正しい知識で走る喜びを楽しんでみませんか。

  • 男磨きにオフはない!ビジネスアワーでできるセルフメンテナンス

    オフィスや自宅でできるトレーニング3選

    仕事中に大きく体を動かすトレーニングをするのは現実的ではありません。しかし、立った状態や座ったままでも簡単にできるエクササイズもあります。そんな簡単なエクササイズを3つご紹介いたします。

    腹斜筋のトレーニング「トーソ・ローテーション」のエクササイズ

    まず、ご紹介するのは外腹斜筋と内腹斜筋を鍛える「トーソ・ローテーション」。腹筋の形を整え、ウエストのくびれをつくる効果が期待できる定番のエクササイズです。ジムではマシンに座って行いますが、オフィスで同じような動きをすると目立ってしまうので、休憩中などにさりげなく、立ったまま軽く身体を動かすのがおすすめです。

    1. 足を肩幅に広げ、腕をまっすぐ水平に伸ばす(このとき、重たい本や資料などを持つとより効果アップ!)。

    2. 下半身を固定し、腰から上を動かすイメージで上半身を左右にひねる。

    3. ひねっている間も視線は正面をキープし、ゆっくりと呼吸しながら動かすのがポイント。左右10回ずつくらいを目安に。

     下腹部のトレーニング「シーテッド・レッグレイズ」のエクササイズ

     

    こちらは自宅トレーニングでも定番の「レッグレイズ」。下腹部や腹筋を鍛え、お腹まわりをスッキリさせる効果が期待できます。もともとのエクササイズは寝転がって行うため、少し大げさになってしまいがち。オフィスで実践する場合は、デスクに座ったままでもできる「シーテッド・レッグレイズ」にチャレンジしてみましょう。慣れてくるとパソコンを操作するなど、仕事をしながらでもエクササイズできるようになります。

    1. 椅子に座った状態で片足を上げる。 2. 上げているほうの膝を軽く曲げ、前方に突きだす。 3. 足の角度を変えないように、そのまま膝を胸のほうへ引き上げる。 4. 最初のうちは椅子を手でつかんで身体を支えてもOK。こちらも左右10回ずつくらいを目安に。

    のトレーニング「アイソメトリック・ダイアゴナル」のエクササイズ

    最後にご紹介するのは、体幹トレーニングとしても定番の「ダイアゴナル」です。一般的なエクササイズでは四つん這いになったまま手足を伸ばす、かなりダイナミックな動作を要求されるため、相応の準備が必要になります。それに対して力の拮抗(きっこう)を利用した「アイソメトリック」をアレンジすることで、簡易的ではありますがオフィスで実践できるエクササイズに早変わりします。

    1. 椅子に座った状態で、片方の手で反対側の膝を押さえる。

    2. そのまま手で膝を押し、膝は反発するように力と反対方向に引き上げる(この反発の動きが「アイソメトリック」になる)。

    3. 10秒くらい力を入れてキープし、終わったら手と足を反対にして再度繰り返す。うっすらと汗がにじんでくるくらいが効いている証拠です。

    セルフメンテナンスは継続することに意味がある

    今回ご紹介したエクササイズは、いずれも本来はジムで行う動作を、オフィスでも自然にできるようアレンジしたもの。本格的ではないにせよ、デスクワークの合間やちょっとした休憩のときに手軽にはじめられるのが大きな魅力です。

    エクササイズ長く続けるための秘訣は、始めたいと思ったその日に始めること。ジムに通う時間がないからといってそのままにしてしまうと、せっかくのやる気がしぼんでしまいます。時間が取れなくてなかなかジムに通えないとお嘆きの方は、まずは継続してできるよう簡単エクササイズからはじめてみませんか?

  • ストレス対処法

    常に変遷と進化を続ける社会にあっては、万事が成功、お金、スピードに関連していることから、ストレスは日常生活のリスクの1つです。

    「ストレス」という言葉は私たちが日常的に頻用する言葉となっています。困難で張り詰めた、不安や心配な状況を表すのに日常生活で少なくとも1度は使っていることでしょう。shutterstock_571747465 (1)

    私たちは仕事、家族、人間関係など、日々ストレスという状況に直面し続けています。必要なことをするのに十分な時間があるなんてことはまずなく、締め切り、支払、子育てなどに追われているのです。その結果はどうでしょう? 私たちは自身を思いやることを忘れ、不安やストレスの状況に陥り、往々にして、悪影響や危険な帰結が伴うことになるのです。

    ストレスは、多くの場合、記憶力や集中力の低下、筋肉の緊張、不眠、過度の体重増や体重減、不安神経症、日中の極度の疲労、無気力、早期老化などの症状に発展する可能性があります。

    私たちの大半はこうした問題を直視せず、「今はこうしたタイミングで、いずれ過ぎ去るだろう」とか「少しばかりストレスを感じているだけに過ぎない」、と自らに言い聞かせる傾向があります。言うまでもなく、あらゆることを目に見えないようにして「今は大変なタイミングに過ぎない」とか「大変だけどこれが人生だから」と達観したフリをしようとすれば、できるでしょうが、最良の姿勢ではないことは確かであり、効果的でも建設的なことでもないのです。

    何よりも大切なのは問題を認識し、特定して肯定することです。ですから、ストレスとは何でしょうか? そしてストレスに対して何ができるでしょうか?

    医学では、ストレスは身体に及ぼしうる(身体、化学、心理等の)因子で、その作用は長期的で、反応につながる刺激です。こうした刺激は交感神経系の活性化や副腎によって仲裁されます。主たるコルチゾールの1つ、すなわち、ストレスホルモンであるグルココルチコイドは副腎皮質によって生成されます。これらが脂肪やタンパク異化の使用を活性化させることで、筋肉量の破壊につながるのです。すなわち、肝臓から血流へのブドウ糖排出が増え、成長ホルモンの生成や活動が抑止され、免疫抑制作用が引き起こされることで、免疫系の有効性が毀損されるのです。

    ストレスの予防、緩和、克服にあたってのシンプルなルール。

    自分自身をいたわって身体の声を聞く。

    身体はあなたが何を必要としているのか、常にシグナルを送っています。空腹であれば、軽食を摂り、無意識にそうした声に抵抗しないこと。疲れていれば休息を取り、憂さ晴らしをしたくなったら知人を誘い、リラックスしたくなったらウォーキングする。つまり、身体が求めている行動をするように心掛けること。そうすることで、就寝時には疲れや緊張感が和らいでいるはずです。

    日常的に運動をする。

    身体活動は心理ストレスの対処にあたって重要な役割を果たし、不安や軽い憂鬱症候を緩和する効果があることから、肉体的なストレスに対する抵抗力アップに有効です。

    各自のニーズに応じて選択肢は無数にあります。張り詰めた状態であれば、サイクリングやウォーキングなどの軽度の運動をするのも効果的です。こうした運動を日常的に1日30分ほど実践すれば、リラックスや全般的なストレスのレベルの軽減に有効です。例えば、異化のような斬新な心機能強化器具を用いても良いでしょう.

    他方、より強度の運動は怒り、フラストレーション、無気力といった感情の克服には最適です。こうした運動は自尊感情や自己概念の向上にも効果があり、目標設定と達成の手順を養うことができます。さらに、副腎髄質によって生成されるホルモンであるノルアドレナリン濃度を高めることで、憂鬱感情の克服にも有効です。運動時には、ノルアドレナリンの血漿中濃度が向上することから、憂鬱症候の緩和に作用します。

    ジムでも屋外でもグループでのトレーニングもポジティブ体験を分かち合うことのできる素晴らしい手法で、共に成果を成し遂げ、ストレスを発散して他の人たちと純粋に楽しい時間を過ごすことができます。

    スポーツは脳内のエンドルフィンの濃度を高めてくれます。エンドルフィンには、モルヒネ同様、幸福感や至福といった感情を誘発する催眠効果があります。

    瞑想や呼吸法を実践する

    最後に、最良の成果を得ようとするのなら、身体を隅々まで確かめるように集中して受動的に感情(例:四肢の重み、熱、呼吸、心拍調整等)を分析するような瞑想や自律訓練法を身体運動と組み合わせるのが推奨されます。

    「健全な心は健全な身体に宿る」こと、ならびにこうした2つが強く相関することを肝に銘じておくと良いでしょう。結果、幸福でかつ活気のある生活を実現できるよう、自分自身をケアすることができるようになるのです。

  • 効果的で持続可能な痩身法のガイドライン

    女性の間で交わされる会話のよくあるトピックの1つが痩身です。「痩せたいです、数キロ落としたいです、むっくり感があります、元の体型に戻さなきゃ」… 何回耳にし、そして、自分自身にこのように言い聞かせてきたことでしょうか? 無数です。数え切れないほど無数です。おそらく、あまりにも多くの回数でしょう。しかし、その成果ですが、大抵は落胆してしまうようなものです。なぜなら、私たちはオンラインで目にしたり、知人に薦められたりするような駆け込み的なダイエットを頼りにしてしまうことが多いからか、あるいは、間違った知識であることに気付くことなく誤ったやり方をしているからでしょう。

    でも、「痩身」って一体何なのでしょうか?

    痩身というのは非常に複雑な生理学的および心理学的プロセスであり、基本的には、カロリー摂取とカロリー消費(燃焼/ 使用カロリー)の「バランス」を図るという問いなのです。

    こうした2つの変数(消費カロリーと燃焼カロリー)は同じはずですが、誰しもが同じように反応するわけではなく、というのは、遺伝的特徴のみならず、ストレス・レベルやホルモンといった他の変数も関係してくるためです。しかしながら、「生理学的」レベルでは、重要なガイドラインは不変です:

    1- 身体運動を実践して体脂肪(脂肪組織)を減らし、除脂肪体重(筋肉量)を増やす

    2- 適切な食生活の実践による、栄養分の質と量の重視

    ここでは運動因子を検証することとし、食生活は誌面の別の記事に譲りましょう。

    正しい方法で体重を減らしていくつかの通説を一掃するのに有益なシンプルなガイドラインをご紹介します:

    効果的で持続可能な減量にあたっての黄金律というのは、除脂肪体重を減らすことなく脂肪を燃焼させることです。しかし、どうすれば実践できるでしょうか? 目標達成に有効な3つの鍵となるポイントを詳しく取り上げます。

    有酸素活動のみが解決策ではありません

    最もよくある間違いというのは、ジムに入会し、ウェイトを使った運動をすると「ボディビルダーのような筋肉質になってしまう」と不安に思いながら有酸素運動だけをすることです。これは全く真実に基づいていません。実際のところ、求める成果を達成することなく、一体、何のために、何時間も走ったり、ウォーキングしたり、サイクリングしたりしてきたのでしょうか?  答は実にシンプルで、減量するためであり、必要なのは体脂肪を減らすだけでなく、筋肉強化エクササイズ で(それでも重要な)有酸素運動を組み合わせることで除脂肪体重を増やすことなのです。脂肪燃焼に加え、筋肉を鍛え、除脂肪体重を増やすことで、休息時でもカロリー消費量を押し上げるのに効果的で、さらに、より魅力的な体型を成就することだって可能です。筋肉というのは、実際、脂肪以上に代謝的に活性で、休息時でもより多くのエネルギーを必要とします。

    トレーニング強度は利用可能な時間量に左右されます

    軽度の運動だけで脂肪を落とせるというのは真実ではありません。よって、守るべきルールというのは、トレーニング強度が利用可能な時間量に反比例するということで、あまり時間がない場合には高強度の訓練を実践し、他方、低強度の運動は望ましい成果を得るのに有効です。

    最後に、劣らず重要ですが、自身に相応しい、楽しめるような身体運動を実践するのが望ましいです

    面白みのない、あるいは苦痛なだけの運動を頑張っても無意味なだけです。継続的な成果を得ようとすれば、どういった活動を選ぶかというのは絶対的に重要です。楽しめるようなスポーツをするのなら、上達してゆくでしょうし、上達しようという動機が生まれるでしょうし、自らの限界を超えようとか、気分や自尊感情を向上させようと意欲が生じるものです。

    楽しむことのできる活動は実に幅広く存在します。「グループ・サイクル」(リンク)とか「オムニア(Omnia)」といった、ジム内で催行されているグループクラス、屋外スポーツ、ウェイトルームや都合の良い場所とか自宅で実践できるワークアウトがあります。

     

    ストレスが及ぼす有害な影響を軽視しないことが大切です

    多忙な生活を送りながら、豊富な活動をこなし、かけずり回るのが体型維持にあたっての有効な解決策だと多くの女性が思い込んでいます。そして、実際には、そうしたことに付随するマイナス面もよく聞かれます。身体面のストレス、睡眠不足、食事を抜くこと、不規則な食事時間などは減量にはつながらない申し分のない手段でしょう。誰しもが認識しているように、ストレスは 身体の調子を維持するのを妨げる因子です。「コルチゾール」の問題以外に、十分な睡眠を摂取しないと、膨満を引き起こす傾向のあるストレス・ホルモンが心身のバランスに悪影響を及ぼします。疲れていると、往々にして、特に心の安らぐ食品(チョコレート、甘菓子など)等、食欲旺盛になり、喫煙やアルコールを摂取して「リラックス」を図ろうとします。ですので、休息には正しい時間量を割り当てる必要があり、適切な休息こそストレス対処、トレーニング後の回復およびホルモン・プロファイルに有意な効果を与えます。ですから、効果的に痩身を図ろうとするのなら、十分な睡眠を取ることが不可欠です。

  • 引き締まった身体を得るのに女性が知っておくべきこと

    最後に、食事療法やジムでのハードなワークアウトを実践しても、結局目指すところは、常に念頭にあった数キロの減量であり、仮に実現できても、鏡に映った自身の姿を見ても満足できない羽目になることでしょう。体型は思い描いていたのとは一致しません。肌はくすんでいて締まりがなく、輪郭にはシャープさが欠けています。では、一体何が間違っていたのでしょうか? そして、どうすれば改善できるでしょうか? 実際のところ、食事療法および有酸素活動のみをベースにしたトレーニングプログラムを実践すると、過剰な脂肪分は減りますが、同時に、不幸にも、締まりも減退し、ちょっぴり、しぼんだ風船のような感じになります。結局、解決方法とは何でしょうか? 正しいエクササイズで筋肉を鍛える必要があります。引き締まってシャープな肉体を手に入れたいのなら、他でもなく、筋肉そのものに働きかけるべきなのです。

    筋肉のための有酸素運動と筋力トレーニングですが、常に、身体の締まりとシャープさを強化する目的のプログラムの一環として行うべきです。つまり、痩身というのは減量を指すのではなく、どれだけ体重が減ったのかを示す体重計の針は脂肪の消失のみならず、時として、水やタンパク質量の滅失、詰まるところ、筋肉量の喪失とも相関するのです。そして、このことは、低カロリーの食生活を正しいトレーニングプログラムと組み合わせて実践しない時やプログラムが長時間の低強度の有酸素運動からのみ構成される際に生じるのです。

    よって、正しい方法での痩身は体脂肪を減少させつつ、除脂肪体重を維持あるいは増加します

    お考えになっていることに反し、集中すべきことは体脂肪ではなく除脂肪体重であり、なぜなら、代謝は主に除脂肪体重と関係するためです。カロリー消費に最も有意に寄与するのは体脂肪ではなく、除脂肪体重なのです。

    ですので、引き締まった身体を手に入れるには、健康的な食事を実践することが必要です。確かに、有酸素活動も一定の効果があり、心像血管系や健康全般には相当なプラスの作用を及ぼしますが、筋肉を鍛えるための筋力トレーニングを行うことを忘れないでください。

    では、何をすべきでしょうか? 1日おきに有酸素活動と筋力トレーニングを口語に実践するとか、1度に2種類のトレーニングを併用すると良いでしょう。

    身体の引き締めにあたって最良の成果を得るためのシンプルなガイドライン:

    正しい動きを実践することに集中する:

    焦点を当てるのは、小さな筋肉(例:三頭筋や内転筋)を鍛えることではなく、以下のような基本動作を実践して複数の筋肉を伴う運動を行うことです:

    - プレス(押す動作)

    - プル(引く動作)

    - スクワット

     ジムに通うか、無理な場合には自宅で正しい運動を行う

    多くの人がジムに通うことの効果を認識していませんが、筋肉というのは、一定の負荷を一定時間、そして特定の運動を通じて掛けることでさらに発達することが科学によって実証されていて、ジムは適切な器具と運動を見つけることのできる理想の場所です。

    しかし、フィットネス/ ウェルネス・センターに通うのが不可能でも、心配は要りません。自宅でも同じような成果を得ることができるのです。

    ただし、基本的な運動に集中することを忘れないでください。以下は事例です:

    グループの一員として活動するのが自身のモチベーションのアップにつながるというのであれば、高強度の有酸素運動と筋力トレーニングを組み合わせたプログラムに参加すると良いでしょう。グループ全体の熱意や情熱というのは、1人で維持するのが困難な強度で訓練を実践するのに効果的となるはずです。

    Kinesis Personal :

  • 寒さに負けないモチベーション

    冬の間も引き締まった身体をキープするのは大変です。とりわけ、屋外でのスポーツが好きな人にとっては大問題です。実際、冬の低温、日の短さ、悪天候、疲労、時間がないことなど、屋外でのトレーニングを妨げるものには事欠きません。しかし、生き生きと活力のある生活を送るために取り入れることのできる方法は色々あります。

    まず、新しいことに挑戦してみましょう。濡れずに暖かい場所で運動したいと思うなら、ジムのフィットネスクラスに参加することをお勧めします。友人や家族と一緒に参加すれば、一層のモチベーションアップに貢献します。さらに、多くのジムが多彩なクラスを実施しており、音楽や負荷、振り付けの有無などが選べます。グループ単位のアクティビティが注目を集め、その効果が研究によって証明された、ピラティスやズンバなどのクラスが人気を博しています。いずれも参加することによる肺活量の増加、筋力の増強、平衡感覚の向上が科学的に実証されているのです。

    次に、ウィンタースポーツに挑戦しましょう。寒い季節にアイススケートやスキー、スノーボード、そりなどを、友人や家族と楽しむのは良いものです。これらは冬のレジャーとしての魅力だけでなく、新たな運動スキルや能力を身に付け、他の季節に行うトレーニングを補完する効果を持った素晴らしい運動法です。

    3つ目のアイディアは、健康のために運動することです。医師からの運動処方や定期的なカウンセリングに、日記や歩数計を使ったセルフモニタリングを追加することでモチベーション向上を図りましょう。短期、中期、長期の目標を設定して達成度を評価するのも、大変効果的なやり方です。引き締まった身体を維持することには、寒い時期にも病気になりにくいというメリットもあります。引き締まって健康な身体は、免疫力アップの近道です。

    最後に、夏になるまでに達成したいフィットネス目標を決めましょう。夏の直前になって運動を始め、時間切れになって望ましい結果が得られない人は多いです。筋力や有酸素能力の向上、減量といった目標は、維持向上のために継続的なトレーニングが欠かせないものです。だからこそ、冬でも積極的な運動が大切なのです。

    新しいアクティビティに挑戦すること、ウィンタースポーツをすること、健康上のメリットのためにエクササイズをすることで、寒さに負けないモチベーションを手に入れましょう。

  • クリスマス休暇のアクティビティに備えるワークアウト

    クリスマスシーズンには、スキーやスノーボードなどのウィンタースポーツの人気が大変高く、世界中で多くの人が1~2週間程度、リゾートに滞在します。冬季ならではの気象条件にも左右され、楽しめる期間は短かいものの、身体の準備を怠ってよいとは言えません。

    実は、ウィンタースポーツを楽しむには十分なテクニックに加え、高い持久力が必要とされます。さらに科学的研究により、大腿筋のバランスが良くないと膝を怪我するリスクが上昇することが判明しています。ですからウィンタースポーツに最適なトレーニングメニューには、筋力や持久力、肺活量を向上させるだけでなく、実際によく使うポジションや動きをシミュレーションできる内容が求められます。

    最初に、ウィンタースポーツに必要な動きをシミュレーションできる、最適なエクササイズを選ぶことです。例えばアルペンスキーをする予定なら、スクワットやテクノジムの「Excite CLIMB」などのステップシミュレーターを使ったトレーニングに高い効果が期待できます。一方、クロスカントリースキーやスケートをする予定なら、ランジやテクノジムの などのクロストレーナーを使ったトレーニングが最も効果的です

    次のステップは最適なトレーニング方式を選ぶことです。アルペンスキーにはクロスカントリースキーよりも反射神経や瞬発力が必要とされます。逆に、クロスカントリースキーにはアルペンスキーよりも筋持久力や肺活量を高めることが必要です。アルペンスキーの準備には、敏捷性を鍛えるためのスピードラダーエクササイズなどを取り入れた高強度で反復回数を少なく行うワークアウトがお勧めです。一方、クロスカントリースキーに対しては、筋肉の持久性を高めるため低負荷で繰り返し回数が多いワークアウトを行い、心肺の持久力を高めるために長時間のエアロビクスセッションを組み合わることが最適な準備となります。

    最後に、準備を始めるのが早ければ早いほど、効果を期待できます。筋力や肺活量を大幅に向上させたいと考えるならば、目的に特化したメニューを少なくとも3カ月は継続することをお勧めします。

  • ストレス打破に、音楽が持つ予想を超える力

    ストレスは肉体的、精神的に過度な負荷に対する身体反応で、交感神経系(SNS)の活性化を通して一般に「闘争-逃避反応」として知られる状態を引き起こします。通常、ストレスは心身の健康にマイナスの影響を及ぼすとされています。交感神経系への継続的な刺激は、冠状動脈性心臓病や自己免疫疾患などのストレス性疾患につながる可能性がありますが、すべてのストレスが良くないもの、危険なものという訳ではありません。ストレスに効果的に対処するため、さまざまな方法が考えられています。その中では近年、音楽がストレスレベルを軽減する力が詳しく解明され、その効果に科学的根拠が認められるようになりました。特に、音楽セラピーはさまざまな病気に対する補完的な療法として広く利用されています。一例を挙げると、リラクゼーション音楽は通常、1分あたりの拍数(BPM)が少なくテンポが遅いため、冠状動脈性心臓病やガンの患者が抱えるストレスや不安を和らげ、心拍数や血圧を下げる働きがあります。また、手術の前後や手術中に音楽を聴くと、コルチゾールというストレスホルモンのレベルが下がるとも言われています。

    音楽は大脳皮質と皮質下領域の活動を調整する神経系の働きにも影響を及ぼします。知覚や記憶、運動機能を司る場所であり、感情の処理を行う辺縁系や傍辺縁系などとも関係があります。さらに、音楽には左脳と右脳の相乗効果を高める働きもあります。

    リズムにもさまざまな力があります。例えば、歌や打楽器が入らずハーモニーのあるゆっくりした音楽には副交感神経系を活性化させる働きがあり、脳のアルファ波を出やすくして、リラックス効果が得られます。このような働きによって筋肉の緊張がほぐれ、最大血圧が下がり、酸素飽和度や心拍数、呼吸速度が正常な値になります。しかし、望ましい結果を得るためには目的に合った音楽を選ぶことが大切です。身体のリラクゼーションを促進するには、1分間に60~80拍のテンポで、ハープやチェロ、ストリングスのような楽器がメロディーを担当し、熱帯雨林のざわめきや鳥のさえずり、雨音など自然の音を織り込んだ音楽が良いと言われています。音楽を聴くのに最適な時間の長さや頻度、タイミング、ジャンルなどは人によって異なりますが、少なくとも1日20分は聴くことをお勧めします。

    最後にもう一度、音楽は低コストで効果的、かつ安心できるストレス軽減策なのです。

商品 1 から 10 の 80 合計

ページ:
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. ...
  7. 8