ヨガにより筋肉を伸ばすことで、背中の痛みやストレスを軽減できます

生活していく中で、誰でも日常的にストレスを感じているのは疑う余地がありません。仕事、騒音、多忙、公害など、私たちの生活の中にあるすべてがストレスにつながります。このように、日常生活の中には様々なストレスの要因があります。慢性的にストレスがかかることで身体的および精神的にダメージを受けているにもかかわらず、それを放置する事は望ましくありません。しかし、現在、ヨガが広く知られています。様々なヨガのストレッチ、ヨガのポーズ、ヨガのリラックステクニックなどを行うことで、体に悪影響を及ぼすストレスをコントロールすることができます。これにより、ストレスを軽減したり、高いストレスが原因となる背中の痛みも起こりにくくなります。

ネガティブなストレスの影響

病気のおよそ80%は、ストレスが直接の原因であると考えられています。日常生活の中で慢性的にストレスがかかるような極度の疲労状態は、心臓疾患、高血圧、免疫力の低下、不安やうつ状態のような精神的疾患など、身体的および精神的な病気の原因となります。

過度にストレスがかかることにより、身体と精神のバランスが崩れ、筋肉が緊張します。背中の痛みの原因は、ストレスにより背中や肩などの体の中心部に過度に緊張することが原因であると考えられます。

ストレスがかかる状態にあると、呼吸が浅くなり、副腎の機能が過剰に働くことになります。そして、血液中に酸素が十分に行き渡らなくなり、体の機能が正常に働くようにするための細胞が不足します。

また、ストレスがかかっていると、無気力な状態にもなります。これは慢性的なストレス状態により、体の機能が低下し、体のエネルギーが奪われてしまうためです。このように、ストレスがかかることによる身体的および精神的なダメージを無視することができないのは、明確であるといえるでしょう。

 

ストレスをコントロールするためのヨガストレッチ

 

ヨガは、何千年もの歴史がある神聖なエクササイズです。姿勢を整えたり、悪習慣を直したり、体の緊張をほぐすことに着目したアプローチを採用し、現代社会特有のストレスを解消するためのソリューションとなっています。

ストレスの原因となる人間関係、場所や状況、極度の身体的緊張につながるような作業は避けることにが望ましいといえますが、ヨガを行うことで過度のストレスを軽減し、ストレスによる症状を緩和することができます。

ヨガは、ストレス反応をコントロールするストレスホルモンコルチゾールのレベルを低下させることで、身体にかかるストレスを弱めることができます。また、リラックスや満足感などの感情にも関連しており、脳が気持ちよいと感じるさせることで、GABA、セロトニン、ドーパミンなどの脳にプラスとなるような化学物質のレベルを向上させます。

気持ちを落ち着かせたり、Yoga relieves stress to create calm for busy business womanストレスがかかった後にバランスを整えるなど、ストレス反応を抑えるとともに、副交感神経を刺激します。心身のバランスが整うことで、私たちの体は食事から栄養を摂り、効果的に毒素を排出することができます。さらに、副交感神経が活性化すると、体は回復および治療の状態に入ります。

ヨガを行い、体の炎症が軽減することで、健康が維持されます。慢性的な炎症は、心臓疾患、糖尿病、うつ病などの様々な病気の原因となります。ヨガには、身体機能を向上させ、ストレスを和らげることにより、体のバランスを整え治療するという強力なパワーがあります。心と体の両方に作用するヨガの総合的なアプローチは、日常生活の中でストレスを解消するための完璧な手段といえるでしょう。

 

ヨガによる緊張の解放

心と体の緊張を解放することができるヨガには、様々なステップがあります。アクティブフォームとパッシブフォームを組み合わせたリラクゼーション、呼吸方法、アサーナと呼ばれるポーズがあります。体と心を解放することができるパワフルな組み合わせにより、生活の流れを整えることができます。

初心者にとって、ヨガのリラックステクニックは何もしていないように感じるかもしれません。しかし、ヨガのポーズをとっていく中で、体の緊張と解放を意識するプロセスにより、リラックス効果が得られます。

ストレスをコントロールするヨガのリラクゼーションの練習をするために、まず以下のように準備してください。

  • 邪魔が入らない静かな場所を見つけます
  • 横になり、頭と膝をサポートするための枕を使用します
  • 体を暖かく、空腹な状態にします

これでコープスと呼ばれるヨガのポーズを始めるための準備ができました。これは深いリラックス状態になるための練習です。このポーズは非常に簡単なようですが、体を完全に休ませる必要があるため、実際にはとても難しいポーズの1つです。というのも、薬物中毒や過度にストレスがたまっている人が体を完全に休ませるためには、精神的な強さが必要となるからです。

ディープリラクゼーションテクニック

  1. 仰向けに横たわり、リラックスした状態で、腕を体の脇に自然に伸ばし、手のひらを上に向けます。
  2. 目を閉じます。Woman lies down in quiet place for her relaxing yoga stretches
  3. リラックスするという明確な意思を持ちます。
  4. 吐くときに長くなるよう、数回、深呼吸をします。
  5. 数秒間、足全体に力を入れて、次に緩めます。同じように、ふくらはぎ、足の上側、お尻、お腹、胸、手、腕の上側、腕の下側、肩、首、舌や口などの顔に力を入れて、緩めます。
  6. 足から顔までリラックスしているかどうか常に意識してください。
  7. 緊張せずに、体の感覚を高めることに集中し、ゆっくりと呼吸します。
  8. セッションの最後には、目を開ける前に、可能な限りリラックスした感覚をキープするように心がけます。
  9. 目を開け、伸びをして、ゆっくりと起き上がります。

このエクササイズを、毎日10分から30分間行ってください。

 

ヨガを通した背中の痛みのコントロール

体に過度にかかったストレスを解消することも重要です。過度にストレスがかかることで、背中の上部や下部に痛みなどの症状が現れます。しかし、ヨガにより、このような背中の上部と下部の症状を改善することができます。体の精神的機能および身体的機能を回復させることで、健康で幸せな状態に導いていきます。

ヨガのツイスト

背骨はヨガにとって重要な要素です。ヨガのツイストにより、椎間板に大量の血液が供給されます。これにより背骨の血流と柔軟性が改善されます。ツイストのポーズは、骨を丈夫にするだけでなく、腸や腎臓などの内臓をマッサージすることにもなります。これにより消化機能が高まり、背中や腹部の筋肉を伸ばしたり、強化することができます。

ヨガのストレッチやツイストは、立ったり座ったり、かがんだりする際に起こる様々なタイプの痛みに効果的です。背中の下側に痛みを感じている場合、以下のようなヨガを行うことをお勧めします:

簡単チェアツイスト

このイスに座ったポーズは背骨を緩めるのに効果的です。イスを使用したり、 Wellness Ball™ Active Sittingを使用してください。Business woman sitting at desk on Wellness Ball relieving back pain through yoga exercise

  1. イスの背もたれが体の左側にくるように座り、足を床につけ、膝から下をまっすぐにします。
  2. 息を吐き、左を向き、イスの背もたれに手をかけます。
  3. 息を吸うとともに、背骨を上方向に伸ばします。
  4. 息を吐き、胴体部分から頭までを左の方向へねじります。
  5. 1~4のステップを繰り返します。3回の呼吸(無理をしない)で、息を吐くとともに徐々にねじります。そのままの状態をキープし、6~8回呼吸します。
  6. ステップ1~5を繰り返します。反対側も同様に行います。