Q&A

リラックス効果が最も高いエクササイズの判断方法は、体内時計の仕組みから、ストレスレベルに応じたバイオフィードバックの大切さに至るまで、あらゆる疑問にお答えします。

リラックス効果の最も高いエクササイズを教えて下さい

ストレスの緩和、精神的な疲労の回復に効果的なのはリラックスすることです。様々な方法がありますが、一般的なストレッチもそのひとつです。ストレッチの基本姿勢を30-60秒ずつキープしてみましょう。痛くない範囲で、且つ筋肉の伸びが感じられるくらいの強さで行なってください。それが終わるころには、穏やかでリラックスした自分を感じられるでしょう。

「ユーストレス」と「ディストレス」の違いは何ですか?

ストレスとは、正常な心身のバランスを乱す現象のすべてを含む概念です。「ストレス」という言葉そのものに否定的な意味あいがありますが、中でも本当にネガティブな影響を持つストレスを「ディストレス」と呼びます。これに対し「ユーストレス」は良い影響力を持ち、注意力を向上させたり、パフォーマンスを向上させたりするものを指します。

バイオフィードバックとは何ですか?

バイオフィードバックとは、計測したデータをもとにフィードバックを送るシステムの総称です。これにより身体の働きを認識することができます。心拍計を例にとれば、安静時に「低」と表示されている値が、走ることで急激に上昇することがわかります。ストレスケアの現場では、ストレス性の頭痛や痛みが起きている状態で、主要な筋肉群の緊張を強調表示するツールがバイオフィードバックを利用します。これによりトレーニング後、筋肉をリラックスさせて筋肉痛を解消する方法が分かります。

トレーニングがストレスにならないのは何分まででしょうか

トレーニングによるストレスは、終了して45分も経ってから生じる場合もあります。この「ストレス」は、トレーニングに起因するストレスに対する防衛反応として、血中のコルチゾール値が上昇したために発生するものです。ただし身体を動かすことで、脳によいエンドルフィン等の物質も大量に生成されていることも認識しておく必要があるでしょう。ストレスに対する認識には、個人差があります。好きな種目を選び、もし疲労を感じたときは休憩時間を取りましょう。

体内時計とはどのようなものですか

体内時計は生体内部に備わった機構で、頭蓋骨の底部に位置する細胞がタイマーの役割を担います。一日を通してコルチゾール、成長ホルモン、テストステロン等のホルモンの分泌を管理するとともに、睡眠サイクルを司っています。

関連情報

ストレスから自由になる
ストレスから自由になる効果的な方法
ストレスから自由になるメリット