Physical activity/exercise training

Zanuso S1, Balducci S, Jimenez A.

エクササイズは公共の保健活動として、健康な体づくりに効果があるものという認識が大きく広がり、2型糖尿病の予防や治療の手段としても普及してきました。心の健康や満足な暮らしなどの生活の質(QOL)の面にも見えない効果があるという点でも注目を集めています。多くの人が、生活の質を向上させるための運動の効用を感じており、健康関連QOL (HRQL) という概念がさまざまな角度から研究されています。具体的には運動機能、社会的な作用、暮らしの満足感、気分や感情、自尊心、自己認識、認知能力、睡眠の質などが挙げられます。体を動かす体験や健康づくり体操については、これまで数々の研究がされてきましたが、2型糖尿病の患者にも同じような効果が見られるかという検証はあまりされてきませんでした。この論文は2型糖尿病の患者にカウンセリングやアドバイスをするにあたり、体系的な運動の効果をまとめたものです。臨床ではもっと効果的な支援を学ぶ必要があるとしても、予防の手段としてエクササイズを導入する際には患者一人ひとりに合わせたメニューと、訓練されたスタッフとの長期にわたる協力関係が必要であることは明らかでしょう。