Enjoyment perception

Carraro A1, Gobbi E, Ferri I, Benvenuti P, Zanuso S.

[要約]この研究は3台の有酸素運動マシンで短時間のエクササイズセッションを行う際に感じられる気持ちよさや爽快感について調査したものです。調査にはトレッドミル、エリプティカル・クロストレーナー、Vario(ヴァリオ)が使われました。実験に参加したのは日常的にエクササイズを行う人72名と、日ごろエクササイズをしない人60名です。被験者は、各マシンで運動をした後すぐに、12項目の運動満足度スケール(PACES)と、運動の爽快感について視覚的評価スケール(VAS)に記入しました。結果、すべての項目で被験者ごとに顕著な違いが見られました。トレッドミルとヴァリオを使ったエクササイズの気持ちよさは同程度で、いずれもエリプティカル・クロストレーナーより気持ちよさや爽快感が上回るという結果になりました。運動経験者と未経験者では、爽快感の程度に違いがありました。スポーツトレーナーのように有酸素運動を指導する立場にある人は、モチベーションを上げてやる気を維持するため、使用するマシンによって気持ちよさが変わるというこの調査結果を考慮するのが望ましいでしょう。